論文リスト

     

戻る 進む

 

ホーム
目次
はじめに
研究スタッフ
研究テーマ一覧
研究内容
論文リスト
連絡先

高品質インターネットの実現に向けた技術課題

  1. 村田 正幸, "次世代高速・高品質インターネットのための技術課題," 電子情報通信学会通信方式/コミュニケーションクオリティ合同研究会 招待講演, February 18, 2000. [PDF], [PPT]

  2. 村田 正幸, "IP管理・制御の必要要件ーネットワークに望むこと," 電子情報通信学会第2回テレコミュニケーションマネージメントワークショップ「IP管理・制御とその実現技術」パネル, March 16, 2000. [PDF], [PPT] 


統合化マルチメディアQoSアーキテクチャに関する研究 

アプリケーションレベルのQoSを考慮した動画像符号化アルゴリズム 

  1. Naoki Wakamiya, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "On video coding algorithms with application level QoS guarantees," to appear in Computer Communication Journal, January 1999. [PDF]

MPEG-2動画像に対するCBR、VBR多重化効果の比較 

  1. Naoki Wakamiya, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Comparison of VBR and CBR service classes for MPEG-2 video multiplexing - Is statistical multiplexing really useful for bursty video transmission? -," to appear in International Journal of Communication Systems, October 1999. [PDF]  

ユーザ効用最大化を目的とした動画像実時間転送のための統合化資源割当

  1. Kentarou Fukuda, Naoki Wakamiya, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "QoS guarantees based on end-to-end resource reservation for real-time video communications," Proceedings of 16th International Teletraffic Congress, pp.857-866, June 1999. [PDF]

  2. 福田 健太郎, 若宮 直紀, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ユーザ効用最大化を目的とした動画像通信のための資源割当制御," 電子情報通信学会 技術研究報告(SSE99-15), pp.19-24, May 1999. [PDF]

  3. Kentarou Fukuda and Naoki Wakamiya and Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Integrated resource allocation for real-time video transfer to maximize user's utility," submitted to IEEE Journal on Selected Areas in Communications, October 1999. [PDF]  

  4. Kentarou Fukuda, "Integrated QoS control mechanisms for real-time multimedia systems in reservation-based networks," Ph. D Thesis, Osaka University, March 2000. [PDF]  

  5. 山下 岳人, "動画像通信におけるユーザ効用最大化を実現する統合化資源割当制御の実装と評価," 大阪大学基礎工学部情報科学科 特別研究報告, February 2000. [PDF]

リアルタイム・ノンリアルタイム統合化エンド間輻輳制御に関する研究 

  1. 若宮 直紀, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "TCPとの公平性を考慮した動画像転送," 電子情報通信学会 技術研究報告(SSE99-100), pp.79-84, November 1999. [PDF]

  2. Naoki Wakamiya, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "On TCP-friendly video transfer with consideration on application-level QoS," submitted to IEEE International Conference of Multimedia & EXPO, November 1999. [PDF]

  3. Naoki Wakamiya, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "On TCP-friendly video transfer," submitted to Eighth International Workshop on Quality of Service (IWQoS 2000), February 2000. [PDF]

  4. 宮林 正樹, "TCPデータ通信との公平性を考慮した輻輳適応型レート制御による動画像通信の実装, 大阪大学基礎工学部情報科学科特別研究報告, February 2000. [PDF]

  5. 若宮 直紀, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "アプリケーションレベルのQoSを考慮したTCPと公平な動画像通信," 電子情報通信学会 技術研究報告(CQ99-61), pp.37-42, December 1999. [PDF]  

ベストエフォート/リアルタイムサービス統合化に関する研究 

  1. Akira Watanabe, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Which provides better utility to users, best-effort service or reservation-based service?," in Proceedings of ITCS-CSCC, (Sado), pp.1190-1193, July 1999. [PDF]  

  2. Akira Watanabe, Tetsuya Takine, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Comparisons of QoS from user's perspective; which provides better utility to users, best-effort or reservation-based services?," in Proceedings of APCC/OECC, (Beijing), pp.1170-1175, October 1999. [PDF]  

  3. 渡辺啓, 滝根哲哉, 村田正幸, 宮原秀夫, "ベストエフォート型サービス/資源予約型サービスにおけるユーザ効用の比較," 電子情報通信学会論文誌(掲載予定), February 2000. [PDF]  

  4. Akira Watanabe, Tetsuya Takine, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Which provides better utility to users, best-effort or reservation-based services?," submitted to IEEE Journal on Selected Areas in Communications, October 1999. [PDF]  

  5. 渡辺啓, "資源予約型サービス/ベストエフォート型サービスにおけるユーザ効用の比較," 大阪大学大学院基礎工学研究科修士学位論文, February 2000. [PDF]  

  6. 渡辺啓, 村田正幸, 宮原秀夫, "ユーザ効用によるネットワークサービスの比較評価," 電子情報通信学会 交換システム研究会(発表予定), March 2000. [PDF]

  7. 渡辺啓, 村田正幸, 宮原秀夫, "ユーザ効用によるネットワークサービスの比較評価," 電子情報通信学会論文誌(投稿中, March 2000. [PDF]


高速トランスポートアーキテクチャに関する研究 

スケーラブルなソケットバッファ管理に関する研究 

  1. 松尾 孝広, 長谷川 剛, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "スケーラビリティおよび公平性を考慮したTCPバッファ制御," 電子情報通信学会 交換システム研究会(発表予定), March 2000. [PDF] 

  2. Takahiro Matsuo, Go Hasegawa, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Scalable automatic buffer tuning to provide high performance and fair service for TCP connections," submitted to INET 2000, January 2000. [PDF] 

  3. Takahiro Matsuo, "Scalable automatic buffer tuning to provide high performance and fair service for TCP connections," Master's thesis, Graduate School of Engineering, Osaka-University, February 2000. [PDF] 

統合化高速トランスポート処理に関する研究 

  1. 寺井 達彦, " TCPによる高速データ転送のための通信処理軽減手法の提案と実装," 大阪大学基礎工学部情報科学科 特別研究報告, February 2000. [PDF]

高速トランスポートプロトコルの公平性確保のためのパケットスケジューリング方式に関する研究 

  1. 長谷川剛, 松尾孝広, 村田正幸, "コネクション間の公平なサービスに注目したルータにおけるパケットスケジューリングアルゴリズムの評価," 情報処理学会第59回全国大会, pp.27-34, March 1999. [PDF] 

  2. 長谷川剛, 村田正幸, 宮原秀夫, "TCPの公平性と安定性に関する一検討," 電子情報通信学会論文誌, vol.J82-B, pp.1646-1654, September 1999. [PDF] 

  3. Go Hasegawa, Takahiro Matsuo, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Comparisons of packet scheduling algorithms for fair service among connections on the Internet," to be presented at IEEE INFOCOM 2000, March 2000. [PDF] 

  4. Go Hasegawa, Takahiro Matsuo, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Comparisons of packet scheduling algorithms for fair service among connections on the Internet," submitted to IEEE Journal on Selected Areas on Communications, October 1999. [PDF] 

  5. G.Hasegawa, "Congestion and fairness control mechanisms of TCP for the high-speed Internet," Ph.D Thesis, Osaka University, February 2000. [PDF] 

  6. Go Hasegawa, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Fairness and stability of congestion control mechanisms of TCP," to appear in Telecommunication Systems Journal, April 1999. [PDF] 

トランスポートプロトコル間の公平性に関する研究 

  1. 倉田 謙二, 長谷川 剛, 村田 正幸, "TCP RenoとTCP Vegasの混在環境における公平性の評価," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE99-98), pp.67-72, November 1999. [PDF] 

  2. Kenji Kurata, Go Hasegawa, Masayuki Murata, "Fairness comparisons between TCP Reno and TCP Vegas for future deployment of TCP Vegas," submitted to INET 2000, January 2000. [PDF] 

  3. Go Hasegawa, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Analysis and improvement of fairness between TCP Reno and Vegas for deployment of TCP Vegas to the Internet," submitted to ACM SIGCOMM 2000, January 2000. [PDF]

非平衡ネットワークにおけるHTTP/TCPの性能評価に関する研究 

  1. Go Hasegawa, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Performance evaluation of HTTP/TCP on asymmetric networks," in Proceedings of SPIE '99, pp.423-432, September 1999. [PDF] 

  2. Go Hasegawa, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Performance evaluation of HTTP/TCP on asymmetric networks," International Journal of Communication Systems, vol.12, pp.281-296, July-August 1999. [PDF] 

誤再送を考慮したTCPのふくそう制御方式/エラー回復方式の改善に関する研究 

  1. 長谷川剛, 村田正幸, 宮原 秀夫, "誤再送を考慮したTCPのふくそう制御方式/エラー回復方式の改善," 電子情報通信学会論文誌, vol.J82-B, pp.2074-2084, November 1999. [PDF] 


ネットワークにおけるフィードバックメカニズムの解明に関する研究 

トランスポート層プロトコルのフィードバックメカニズムに関する研究

  1. Hiroyuki Ohsaki, Masayuki Murata, Toshimitsu Ushio and Hideo Miyahara, "Stability analysis of window-based flow control mechanism in TCP/IP networks," in Proceedings of 1999 IEEE International Conference on Control Applications, pp.1603-1606, August 1999. [PDF] 

  2. Hiroyuki Ohsaki, Masayuki Murata, Toshimitsu Ushio and Hideo Miyahara, "A control theoretical analysis of a window-based flow control mechanism in TCP/IP networks," submitted to IEEE Journal on Selected Areas in Communications, 1999. [PDF] 

  3. 高垣 景一, 大崎 博之, 村田 正幸, "伝搬遅延時間の異なる複数のTCPコネクションを考慮したウィンドウ型フロー制御方式の安定性解析," 電子情報通信学会 技術研究報告 (CQ99-60), pp.25-30, October 1998. [PDF]

  4. Keiichi Takagaki, Hiroyuki Ohsaki and Masayuki Murata, "Stability analysis of a window-based flow control mechanism for TCP connections with different propagation delays," submitted to INET 2000, January 2000. [PDF] 

ネットワーク層プロトコルにおけるフィードバックメカニズムに関する研究 

  1. 米良 祐一郎, "TCP/IPネットワークにおける制御理論を用いたREDルータの特性解析," 大阪大学基礎工学部情報科学科 特別研究報告, February 2000. [PDF]

  2. Hiroyuki Ohsaki, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Steady state analysis of random early detection gateway with controlled traffic by TCP," submitted to 39th IEEE Conference on Decision and Control, Feburary 2000. [PDF] 

ネットワーク層、トランスポート層プロトコルの協調動作を考慮したフィードバックメカニズムに関する研究

  1. Hiroyuki Ohsaki, Masayuki Murata, Toshimitsu Ushio and Hideo Miyahara, "A control theoretical approach to a window-based flow control mechanism with explicit congestion notification," in Proceedings of 38th IEEE Conference on Decision and Control, December 1999. [PDF] 

  2. Hiroyuki Ohsaki, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Application of control theory to a window-based flow control mechanism with ECN routers," submitted to Performance Evaluation, November 1999. [PDF] 


高速パケットスイッチングアーキテクチャに関する研究 

高速ルータにおけるIPトラヒック分析と適用例に関する研究

  1. 阿多信吾, 村田正幸, 宮原秀夫, "高速ルータ上におけるIPトラヒック分析と適用例に関する検討," 情報処理学会 高品質インターネット研究会, May 1999. [PDF] 

  2. Shingo Ata, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Analysis of network traffic and its application to design of high-speed routers," in Proceedings of ITC-CSCC '99, pp.788-791, July 1999. [PDF] 

  3. Shingo Ata, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Analysis of network traffic and its application to design of high-speed routers," in Proceedings of SPIE Symposium on Internet II: Quality of Service and Future Directions, pp.423-433, September 1999. [PDF] 

  4. Shingo Ata, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Analysis of network traffic and its application to design of high-speed routers," to appear in IEICE Transactions on Information and Systems (D-I), May 2000. [PDF] 

  5. Shingo Ata, "Studies on effective data transfer mechanisms for future high-speed networks," Ph.D Thesis, Osaka University, March 2000. [PDF] 

ポリシーベースルーティングのための効率的なキャッシュメモリ構成に関する研究

  1. 阿多信吾, 村田正幸, 宮原秀夫, "IPルータにおけるポリシーサービス提供のための効率的なキャッシュ構成法," 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ99-155), pp.43-48, February 2000. [PDF] 

  2. 阿多信吾, 村田正幸, 宮原秀夫, "IPルータにおけるポリシーサービス提供のための効率的なキャッシュ構成法," 電子情報通信学会全国総合大会 (発表予定), March 2000. [PDF] 

  3. Shingo Ata, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Efficient cache structures of IP routers to provide policy-based services," submitted to IEEE ATM Workshop 2000, February 2000. [PDF] 


インターネットのトラヒック特性とその応用に関する研究 

インターネットにおけるネットワークディメンジョニングに関する研究

  1. 的場 一峰, 阿多 信吾, 村田 正幸, "インターネットにおける統計的手法に基づいた帯域測定," 電子情報通信学会 技術研究報告(発表予定), March 2000. [PDF] 

  2. Kazumine Matoba, Shingo Ata, and Masayuki Murata, "Improving bandwidth estimation for Internet links by statistical methods," submitted to INET 2000, January 2000. [PDF] 

インターネットの遅延特性とリアルタイムアプリケーションへの応用 

  1. 藤本 康平, "実測に基づいたインターネットにおけるパケット転送遅延のモデル化とプレイアウト制御への適用", 大阪大学基礎工学部情報科学科特別研究報告, February 2000. [PDF]

Webシステムの特性とネットワーク設計への応用に関する研究 

  1. Yasuyuki Fujita, Masayuki Murata, and Hideo Miyahara, "Performance modeling and evaluation of Web systems with Proxy caching," in Proceedings of 16th International Teletraffic Congress, vol.3b, pp.1179-1188, June 1999. [PDF] 

  2. 藤田 靖征, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "プロキシサーバにおけるキャッシュ機能を考慮したWebシステムのモデル化と性能評価," 電子情報通信学会, vol.J82-B, pp.1449-1461, August 1999. [PDF] 

  3. 藤田 靖征, "Performance modeling and evaluation of Web server systems with Proxy caching," 大阪大学 大学院基礎工学研究科 博士学位論文, March 2000. [PDF]


フォトニックネットワークアーキテクチャに関する研究 

1000波長WDM技術のIP over WDMネットワークへの適用効果

  1. 村田 正幸, 北山 研一, 宮原 秀夫, "1000波長WDM技術のIP over WDMネットワークへの適用効果," 電子情報通信学会 技術研究報告(発表予定), March 2000. [PDF] 

  2. Masayuki Murata, Ken'ichi Kitayama and Hideo Miyahara, "IP over a-thousand-wavelength division multiplexing: Is it useful and possible for resolving the network bottlenecks?," submitted to IEEE Network Magazine, January 2000. [PDF] 

フォトニックインターネットにおける論理トポロジー設計手法に関する研究 

  1. 加藤 潤一, "IP over WDM ネットワークにおける論理パストポロジー設計手法とフロー割当法の提案", 大阪大学基礎工学部情報科学科特別研究報告, February 2000. [PDF]

フォトニックインターネットにおける高信頼化手法と機能分担に関する研究 

  1. 荒川 伸一, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "IP over WDMにおけるネットワーク設計手法と機能分担," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE99-111), pp.1-6, November 1999. [PDF] 

  2. Shin'ich Arakawa, "Logical topology design and multi-layered survivability for IP over WDM networks," Master's Thesis, Graduate School of Engineering, Osaka-University, February 2000. [PDF] 

フォトニックバースト交換方式に関する研究

  1. Shin'ichi Arakawa, Kentaro Miyamoto, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Performance analyses of wavelength reservation methods for high-speed data transfer in photonic networks," in Proceedings of ITC-CSCC, (Sado), pp.828-831, July 1999. [PDF] 

  2. Shin'ichi Arakawa, Kentaro Miyamoto, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Delay analyses of wavelength reservation methods for high-speed burst transfer in photonic networks," in Proceeding of APCC/OECC, (Beijing), pp.445-449, October 1999. [PDF] 

  3. 荒川 伸一, 宮本健太郎, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "フォトニックネットワークにおける高速データ通信のための波長割当方式の性能解析," 電子情報通信学会論文誌(採録決定), May 2000. [PDF] 

  4. 荒川 伸一, 宮本健太郎, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "フォトニックネットワークにおける波長予約に基づくバースト転送遅延の性能解析," 電子情報通信学会論文誌(投稿中), January 2000. [PDF] 

光TDMリングのパス設計手法に関する研究 

  1. 後久 和宏, 馬場 健一, 村田 正幸, "光圧縮TDM方式を用いた双方向リングネットワークのパス設計手法," 電子情報通信学会 技術研究報告 (SSE99-130, PS99-54), pp.51-56, Novenber 1999. [PDF] 

  2. Kazuhiro Gokyu, Ken-ichi Baba and Masayuki Murata, "On path accommodation methods for optical compression TDM ring," in Proceedings of Workshop on Optical Networks 2000, January 2000. [PDF] 

  3. Kazuhiro Gokyu, Ken-ichi Baba and Masayuki Murata, "Path accommodation methods for the bidirectional ring with optical compression TDM," submitted to IEEE Journal on Selected Areas in Communications, October 1999. [PDF] 

  4. 後久 和宏, 馬場 健一, 村田 正幸, "光圧縮TDM方式を用いた単一方向リングネットワークのパス設計手法," 電子情報通信学会 光通信システム研究会(発表予定), March 2000. [PDF] 


無線/有線統合通信アーキテクチャに関する研究 

Mobile IPにおけるパケットバッファリング方式に関する研究

  1. Doo-Seop Eom, Masashi Sugano, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Performance improvement by packet buffering in mobile IP based networks," submitted to IEICE Transactions on Communication, June 1999. [PDF] 

  2. Doo-Seop Eom, Masashi Sugano, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, "Improving TCP performance by packet buffering in mobile IP based networks," submitted to IEEE Journal on Selected Areas in Communications, April 1999. [PDF] 

無線セルラーネットワークにおけるシグナリングトラヒックの評価モデルの構築に関する研究

  1. 菅野 正嗣, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ソフトハンドオフの影響を考慮したCDMA移動セルラー網の評価," 電子情報通信学会 技術研究報告(SSE99-37), RCS99-61, pp.43-48, July 1999. [PDF] 

CDMAシステムの性能モデル化手法に関する研究 

  1. 菅野 正嗣, 村田 正幸, 宮原 秀夫, "ソフトハンドオフの影響を考慮したCDMA移動セルラー網の評価," 電子情報通信学会 技術研究報告(SSE99-37), RCS99-61, pp.43-48, July 1999. [PDF] 

  2. 長手 厚史 , 菅野 正嗣 , 村田 正幸 , 宮原 秀夫, "CDMA移動セルラー網におけるソフトハンドオフの有線/無線統合評価," 電子情報通信学会 技術研究報告(CQ99-60), pp.31-36, December 1999. [PDF] 

  3. 長手 厚史 , 菅野 正嗣 , 村田 正幸 , 宮原 秀夫, "CDMA移動セルラー網における有線/無線品質に対する3ウェイソフトハンドオフの影響," 電子情報通信学会 モバイルマルチメディア通信ワークショップ(発表予定), March 2000. [PDF] 

  4. Atsushi Nagate, Masashi Sugano, Masayuki Murata, Hideo Miyahara, "An integrated approach for performance modeling and evaluation of soft handoff in CDMA mobile cellular systems," submitted to VTC2000 Fall, February 2000. [PDF] 

アドホック無線ネットワークに関する研究 

  1. 荒木 勉, アドホック無線ネットワークシステムにおけるデータリンクプロトコル及びルーティングプロトコルの性能評価, " 大阪大学基礎工学部情報科学科特別研究報告, February 2000. [PDF]

  2. 荒木 勉, 菅野 正嗣, 村田 正幸, 畠内 孝明, 細岡 洋平, "アドホック無線ネットワークにおけるデータリンクプロトコル及びルーティングプロトコルの性能評価, " 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信ワークショップ(発表予定), March 2000. [PDF]

 

ホーム 目次 はじめに 研究スタッフ 研究テーマ一覧 研究内容 論文リスト 連絡先

このページの内容に関するご質問やご感想などについては、murata@ics.es.osaka-u.ac.jp (村田正幸)まで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2000 大阪大学大学院基礎工学研究科 先進ネットワークアーキテクチャ研究グループ
最終更新日 : 2000/03/06