Satake Kodai Research Page

プロフィール

略歴

  • 1994.1 生まれ
  • 2012.3 京都府立桃山高等学校 卒業
  • 2012.4 大阪大学 基礎工学部情報科学科 入学
  • 2016.3 大阪大学 基礎工学部情報科学科 卒業
  • 2016.4 大阪大学 大学院情報科学研究科 博士前期課程入学
  • 2018.3 大阪大学 大学院情報科学研究科 博士前期課程修了
  • 2018.4 大阪大学 大学院情報科学研究科 博士後期課程入学
  • 研究対象

    -イメージ図-

    業績

    学術論文誌(査読付)

    1. Kodai Satake, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, “Traffic engineering and traffic monitoring in the case of incomplete information,” Ieice Transactions on Communications (manuscript in preparation)

    国際会議(査読付)

    1. Kodai Satake, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, “Traffic engineering cooperating with traffic monitoring for the case with incomplete information,” IEEE ITNAC 2017 (International Telecommunication Networks and Applications Conference, November 2017.
    2. Kodai Satake, Shin'Ichi Arakawa, Tetsuya Shimokawa, Masayuki Murata, “Evolution of core-periphery structure in Internet's AS-level topologies,” Complex Systems society 2016 (Conference on Complex Systems, September 2016.

    研究会、全国大会などの口頭発表

    1. 佐竹幸大, 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, “人の脳情報処理プロセスに着想を得た実世界情報協調予測型トラヒックエンジニアリング手法,” 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, March 2018.
    2. 佐竹幸大, 大下裕一、石橋圭介、星合擁湖、村田正幸, “災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング,” 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, March 2018.
    3. 佐竹幸大, 大歳達也,大下裕一,村田正幸, “予測分布を用いたネットワーク制御におけるトラヒックの観測スケジューリング手法,” 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会, March 2017.
    4. 佐竹幸大, 荒川伸一,村田正幸, “Core-Periphery モデルを用いたAS レベルトポロジーの経年変化の分析,” 電子情報通信学会 情報ネットワーク科学研究会(NetSci), May 2016.

    学位論文

    1. Master’s thesis: Kodai Satake, “Predictive traffic engineering incorporating real-world information inspired by human brain cognition process,” Master’s thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, February 2018.
    2. 特別研究報告: 佐竹 幸大, “AS レベルトポロジーにおけるコア構造の経年変化の分析,” 大阪大学基礎工学部情報科学科特別研究報告, February 2016.